逸品堂はあなたのプライバシーを厳守いたします。弊社の Privacy Policy を参照してください。   リンクは こちら からご自由に!
curved_line

生の朝鮮人参(水参)



     水参    水参(30本)   水参(50本)
          
             画像をクリックすると、拡大表示されます


         現在水参の販売は行っておりません      

      ● 水参の料理法

       表面の土をきれいに拭き取ります。土がこびりついている場合は水
       を入れたボールに10分前後浸けた後、柔らかいブラシなどで丁寧に
       こすり取ります。次は流水できれいにすすぎます。細かい根っこ
       (尾参)は苦みが強いので、切り取って水にしばらく浸けて苦みをや
       わらげ、刻んでコチュジャンとあえておかずにしたり、煎じてお茶
       にするなどします。残った主根は、頭(へた)の部分を切り取って、
       料理に合わせて切って使います。人参は肉、魚介類、野菜などさま
       ざまな食材とよく合います。焼いたり、揚げたり、煮たり、さまざ
       まな料理に活用してください。残った水参は食品保存用ビニール袋
       に入れ密封して冷凍すると、10日間ほど保存可能です。

       ● 高麗(朝鮮)人参酒の作り方

       1 人参(水蔘 )150gを水に浸しながらブラシで軽く洗う。
       2 人参を広口ビンに入れる。
       3 人参の首を白糸で縛り、ビンの蓋にある釣りに結ぶ。
       4 ビンに35度のホワイトリカー1.8リットルを入れ蓋で密閉して
        冷暗所に置きます。約6ヵ月程度で熟成します。酒と高麗人参の
        量(割合は)お好みでアレンジしてください。また、ホワイトリカ
        ーではなく本格焼酎(乙類)で作っても構いません。人参から程良
        い甘味がでますので、甘味をつける必要はありませんが、あえて
        甘くしたい場合 には蜂蜜や砂糖を適量加えてください。
       
        注)蜂蜜や氷砂糖を一緒に漬け込まない。
          飲む際、高麗人蔘は取り除かずに酒だけ注いで飲む。
         人参は2回までエキスを抽出できます。
高麗人参_紅参 heading
vertical_line
asterisk-paleblue
高麗人参main
vertical_line
asterisk-paleblue
市中販売品 正官庄
vertical_line
asterisk-paleblue
正官庄紅参根
vertical_line
asterisk-paleblue
正官庄紅参精(エキス)
vertical_line
asterisk-paleblue
正官庄紅参粉
vertical_line
asterisk-paleblue
正官庄紅参液(トニック)
vertical_line
asterisk-paleblue
正官庄紅参茶
vertical_line
asterisk-paleblue
正官庄飴・蜂蜜漬など
vertical_line
asterisk-paleblue
免税品 正官庄ロイヤル
vertical_line
生の高麗人参_水参 heading
vertical_line
asterisk-blue
生の朝鮮人参(水参)
vertical_line
asterisk-blue
朝鮮人参料理レシピ
vertical_line
 TopPage  お知らせ  とりくみ  購入ガイド  販売価格  特商法表記  FAQ  お問合せ  SiteMap  
logo
    買物カゴ
日本免疫学会 会員  日本ホリスティック医学協会 会員  日本代替・相補・伝統医療連合会議 会員
All rights reserved, Copyright © IPPINDOU, INC. 2001-2017  無断複製・転載を禁じます。     免責事項