逸品堂はあなたのプライバシーを厳守いたします。弊社の Privacy Policy を参照してください。   リンクは こちら からご自由に!

  サフランとは

                    

サフランの花2多年生の球根植物であるサフランはアヤメ科サフラン属で学名を crocus sativus といいます。強い芳香を放つ、赤くて長い3本の雌しべは貴重とされ、乾燥させ料理、染料などに使われます。原産地は元来地中海沿岸、小アジア、イランなどです。魅惑的な香りとほろ苦いような独特の風味を持つサフランは旧約聖書の中で「芳香を放つハーブ」として記されています。古代インドではサフランから染料が作られ、ブッダの死後まもなく仏僧は職服をサフラン色に染め上げました。古代ギリシャやローマ時代ではサフランは香水として重宝されていました。またサフランの栽培はイランとインドのカシミール地方で世界で最初に行われました。スペインはイスラム教徒によって征服され、紀元後961年頃サフランがイスラム人によって持ち込まれました。中国へはイランからサフランの球根を持ち去ったモンゴル人が中国に侵略した際に持ち込んだものと考えられています。長い歴史を持つイランのサフラン栽培は化学肥料は一切使うことなく100%有機栽培で人から人へと何世代にも渡って受け継がれ、その品質の良さは国際市場で認知されています。イラン国内での栽培エリアは主に東部および南東部です。ホラーサーン(Khorasan)地方は長年に渡ってサフランの生産と輸出の中心地であり、イランのサフランの総生産量の90%を占めています。最近では米国へ移住したイラン人がカリフォルニア州でサフラン栽培を始めた人々もいます。



サフランは料理用スパイスまた染料として重宝されていますが、美容・健康維持のためにも簡単に作れる「サフランティー」を1日2〜3回程召し上がってみてください。
なお妊婦の方は摂取しないようにしてください。少量を摂取したことで不安になる必要はありませんが、妊娠中に恒常的に摂取されることは控えてください。

curved_line
サフラン heading
vertical_line
asterisk-paleblue
サフランmain
vertical_line
asterisk-paleblue
サフランの栽培
vertical_line
asterisk-paleblue
サフランのグレード 
vertical_line
asterisk-paleblue
サフランの選び方 
vertical_line
asterisk-paleblue
サフランの使用法 
vertical_line
asterisk-paleblue
サフラン販売
vertical_line
asterisk-paleblue
サフラン料理レシピ
vertical_line
top page | お知らせ | とりくみ | 購入ガイド | セール価格 | FAQ | 特商法表記 | contact | site map
logo
サフランを格安な価格で通販しています!
    買物カゴ
日本免疫学会 会員  日本ホリスティック医学協会 会員  日本代替・相補・伝統医療連合会議 会員
All rights reserved, Copyright © IPPINDOU, INC. 2001-2014  無断複製・転載を禁じます。     免責事項